BIC Yapı ve Kredi Bankası A.Ş., İstanbul Atatürk Hava Limanı Serbest Bölge


銀行名:
国:
IBAN:
BIC:
市:
郵便番号:
銀行の支店も検索


BIC / SWIFT:YAPITRISFEX   トルコ
銀行名:Yapı ve Kredi Bankası A.Ş., İstanbul Atatürk Hava Limanı Serbest Bölge



国:トルコ

番地:İstanbul Atatürk Havalimanı Serbest Bölge Yeşilköy Mahallesi Havalimanı Caddesi No:1/A 34158
市:İstanbul
州:Bakırköy

電話番号:+90 2124650362
Fax:+90 2124650361

支店:はい

「Yapı ve Kredi Bankası A.Ş., İstanbul Atatürk Hava Limanı Serbest Bölge (トルコ)」のBICコード(SWIFTコード)。

İstanbulのYapı ve Kredi Bankası A.Ş., İstanbul Atatürk Hava Limanı Serbest BölgeのBICはYAPITRISFEXです。BIC とは、「ビジネス識別子コード」(以前の「銀行識別子コード」)の略です。これは、支払い取引で支店を識別するために国際的に標準化されているコードです。世界中の金融機関、ブローカー、および同様の企業で使用されており、支払い取引に直接または間接的に参加する各パートナーを独自に識別します。支払い取引では、BIC や SWIFT-BICはIBAN(=国際銀行口座番号)と組み合わせて使用されます。これにより、BIC は銀行を識別し、IBAN はその銀行にある関連口座を識別します。

さらに、IBANは次のコンポーネントで構成されています。

  1. 2文字の国コード。
  2. 2桁のチェック・ディジット(数字)。これは02から98までの数字です。このチェック・ディジットを使用すると、1つの誤った文字は常に認識され、個々の置き換えられた数字はほとんど常に認識され、たとえ多少のエラーがあっても認識率は依然として高くなります。
  3. 実際のアカウントを識別する文字列。ほとんどの国では、この文字列には数字のみ使用されています。これは BBAN(=基本銀行口座番号)とも呼ばれます。ほとんどの国では、これは銀行コードと口座番号です。

架空の口座番号271603316、および銀行コード71603316の場合、IBAN は次のようなものになります:TR99 7160 3316 2716 0331 6。IBAN を読みやすくするために、通常、それぞれ4文字のブロックに分割されます。IBAN の長さは最大34文字ですが、ほとんどの国ではもっと短くなっています。

BIC には国コードも含まれています。BIC の場合、IBAN とは対照的に国コードは冒頭ではなく、5と6の位置にあります。たとえば、BIC YAPITRISFEXの場合、これはTRです。異なる規格が使用されているため、IBAN からの国コードが関連する BIC の国コードと異なる場合がたまにあります。

BIC は8字または11字の長さで、独自のチェック・ディジットを含みません。その長さの点以外にも、BIC は IBAN とは対照的に、SWIFT によって定期的に更新される BIC ディレクトリに含まれているかどうかを確認することのみがチェック方法です。一方、IBAN の場合、数学的な手順を使用し、それに含まれるチェック・ディジットを使用して、これが形式的に正しいかどうかを確認することができます。形式的に正しい IBAN のみが存在できます。ただし、特定の IBAN が実際に存在するかどうかの質問は、関連する銀行によってのみ回答できます。偽造、又はもう存在しない IBAN は、チェック・ディジットで認識できません。

本社は、İstanbulのYapı ve Kredi Bankası A.Ş., İstanbul Atatürk Hava Limanı Serbest Bölgeです。さらに、İstanbulはトルコにあります。 Yapı ve Kredi Bankası A.Ş., İstanbul Atatürk Hava Limanı Serbest Bölgeは、電話番号2124650362で連絡できます。


当サイトでは情報の正確性については保証いたしかねます。

データセット日付: 10/2019